逆援助ノウハウ

逆援助アプリにはサクラが多い?

投稿日:

逆援助アプリにもサクラはいます。いえ、むしろ普通のアプリよりも多いかもしれません。出会いアプリなどのクチコミを掲載しているサイトを見れば一目瞭然ですが、今の時代、サクラを使わない出会いアプリなんてないんですね。出会いアプリの一種である逆援助アプリも、その例に漏れません。優良なアプリにはサクラがいないという声もありますが、それはたぶん実際に使ったことのない人が、あるいは非常に鈍感な人が、想像で書いているだけだと思います。優良な出会いアプリ、逆援助アプリにもサクラはいますし、逆援助アプリの場合は、普通の出会いアプリよりもその数が多いと思われます。

それは何故かというと、逆援助というだけで、釣れる男性がたくさんいるからですね。男性がお金を貰ってセックスをするというのが、どれだけ難しいことか、それはみなさんわかっていると思いますが、もし、そこに、女性自ら「お金をあげるからセックスして」と言ってきたら、あなたはどうしますか? 返信してしまうのではないでしょうか。そうですよね、だってそんな機会はめったにないのですから。

サクラというのは、アプリの運営会社に雇われたアルバイトスタッフ、あるいはメールを自動送信、返信するプログラムのことを言います。私の知り合いに、出会いアプリのサクラとして働いたことがあるという男性がいます。求人広告の「簡単なPC入力作業」というのに応募したところ、サクラの仕事であったそうです。やるほうも結構ストレスなんだよね、と彼は語っていました。

それはさておき、このように、時には求人広告まで出され、雇われるサクラ。彼らの仕事内容を具体的に言えば、男性にメールを送って、それに返信させること、ポイントを消費させることです。

今の出会いアプリは、必ずといっていいほど、前払い制で、お金をポイントに換えるという仕組みを採っています。ここは出会い系サイトと同じで、それ以外のシステムを私は見たことがないですね。そのポイントを消費することで、メッセージを送ったり、プロフの詳細を閲覧したりすることができるのです。ポイントを消費するというのは、つまりお金を使うということですから、サクラがメッセージを送信して、男性が返事を出せば、ポイントを買い足せば、そのぶん会社は儲かります。それによってアプリ運営会社は利益を上げるのであって、ここも出会い系サイトと同じですね。それ以外のやり方をしている会社があるのなら、興味深いのでぜひ教えてほしいです。

さて、話が逸れましたが、どうして逆援助アプリには、その「サクラ」が多いのでしょうか。それは、そのアプリでは、逆援助のやりとりが盛んですから、男性が引っかかりやすいワード、今やある種サクラのテンプレートともいうべき「お金をあげるからセックスして」というワードを出しても、警戒されたり、怪しまれたりする可能性が低いからです。そういう話のなされることが多いわけですから、男性も当然のようにそれに応じ、まさかサクラだとは思わないでしょう。他の出会いアプリでは一瞬で「あぁサクラだな」と思われてしまうようなメッセージ、男性の夢を叶えるようなメッセージを送っても、返信してくれる男性が多いわけです。

よって逆援助アプリでは、引っかかる男性が多いので、より多くの利益をあげようと、サクラが増え、彼らがいっそう、懸命に仕事をするというわけですね。言ってみれば、我々は「カモ」であるわけです。

サクラに騙されないために

では、そのサクラに騙されないためには、いったいどうしたらよいのでしょうか。まず、その人の言動、言葉の使い方、言い回しに、不自然な点がないかチェックすることです。私が最近よく見るのは、「よかったらプロフ見てね」というメッセージですね。それしか書いていないから、ポイントを消費してプロフの詳細を見る、そこに逆援助のことが書いてある、メールを送る、自動で返信しているらしく話が噛み合わない、こういうケースが一番多いです。なので、プロフを見て、という女性はサクラだと思ってよいでしょう。メッセージの送信費に加え、プロフ閲覧ポイントも消費させようという悪質っぷりには頭が下がりますね。

それと、先ほどのように、お金をあげることとセックスすることを明確に言ってくる女性も、サクラである可能性が高いです。要するに、他の出会いアプリだったら怪しいな、と思う内容のメッセージは、警戒したほうがいいんですね。

それに付随して、あまりに卑猥な表現を用いている女性、これも警戒しないといけません。女性が、一通目から、「中出ししてほしい」とか「調教してあなた専用の奴隷にしてほしい」とか、そういうことを言うものでしょうか。これは、絶対にありえません。だってそんなことを言わなくとも、逆援助アプリでやりとりをしているのですから、会えばセックスをすることは確定しているわけで、だとすればメッセージの段階で、自分の性癖を明かし恥ずかしい思いをする必要はないはずです。卑猥な表現は、男性に確実に返事をさせるための戦略だと考えたほうがよいでしょう。

以上が、一般的なサクラの特徴です。何よりも、女性から誘いが来たらまず疑ってかかるというのが重要だと思います。

それでも多少の被害は仕方ない

しかし、それだけ気をつけていても、サクラとメッセージを交わしてしまうことはあります。それはもう、サクラの数が多いので、仕方のないことです。それへの出費も含めて、逆援助アプリを使うときには、あらかじめ投資金を用意しておかなければならないのです。昔は、そもそも女性が登録できないようになっている出会い系もありました。今の出会いアプリは、少なくともそういうことはないのですから、昔よりはマシだと言えるでしょうね。

それでも、サクラに騙されたっていいんだ、と考えて、どんな女性とも長いことメッセージを交わしていると、かなり痛い目を見ることになります。サクラは際限がありませんからね。アプリによっては、サクラのメッセージに返信した男性に、一気に集中的にメッセージを送信するようなところもあるんです。それだけ、カモがいればとことん食い物にするのが、出会いアプリであり、逆援助アプリです。

被害を大きくしないためにも、先に挙げたような、明らかにサクラだとわかるメッセージには返信しないこと、話が噛み合っていないと思ったら、すぐに連絡を断つこと。これが重要です。

サクラの中には、あなたが無視しはじめると、「私、なんか悪いこと言いましたか……? ごめんなさい。無視しないでください、寂しいです」なんてメッセージを送ってくるのもいます。騙されてはいけませんよ。サクラによる被害を最小限にとどめるには、メッセージの回数を、あらかじめ決めておくことです。女性ひとりに対して、メッセージ送信5通までとか、10通までとか、あらかじめ決めておいて、その中でLINE等を交換できなければ、その人と連絡を取るのをやめるのです。

サクラはアプリ内でメッセージのやりとりをしなくては意味がありませんから、連絡先の交換には基本、応じません。メッセージの回数を決めておけば、だらだらと会話に付き合わされることもなく、サクラに加えて、本気で逆援をしたいと思っていない女性を間引くこともできます。逆援の相手を探すのが、より効率的になるということです。

私は、セフレを探すときには5通くらいでやっていますが、逆援の相手の場合は、もうちょっと時間をかけたいので、10通と決めています。他の記事にもありますが、どこかで、その女性に、会うなりLINEを交換するなりといった決断をさせないと、逆援助交際はできません。甘やかすのではなく、時には突き放すつもりで、デートやLINE交換に誘うというのも大事です。もし無理だったら、迷惑かけたくないので、もうメールはしないです、とはっきり言ってしまうのも場合によってはありですね。

ポイントバッカー

出会いアプリと調べていると、サクラと並んで、このポイントバッカーというのを必ず見かけますが、なんのことを言っているのか。
これは、出会いアプリが、女性に対して男性とメッセージを交わした回数に応じて付与している換金可能なポイント、これを目的にアプリを使っている女性のことです。いま、これをやっていない出会いアプリはほとんどないと思われます。

その中でも、逆援助といった特異なジャンルは、女性会員が集まりにくいため、ポイントの付与は確実に行っていると考えたほうがよいでしょう。先に紹介した私の友人は、サクラ業務をする中で、アプリの実態も知ったようですが、その会社の系列アプリでは必ず、女性にポイントを付与しているとのことでした。女性は、男性とメッセージを交わすだけで、お金が貰えるんですね。

ではそれが女性にどのような影響を及ぼすかというと、端的に言えば、サクラと同じ働きをするようになるのです。それも、中身が普通の女性なので、メッセージの内容も自然で、見抜くのが難しいのです。
ただしこれも、先ほどのメッセージ送信回数の制限によって、被害を最小限に抑えることができます。このポイントバッカーをも警戒し、逆援相手を探していかなければならないのです。

このほか、逆援助アプリには、わざわざメールアドレスを交換するなどして、「このアプリは使える、出会える」という印象を男性に植えつけるようなサクラ、そういう仕事をするサクラもいます。この時代にLINEではなくメールアドレスの交換を申し入れてくる、しかもそのアドレスがパソコンのものである、となれば、サクラを疑ったほうがいいですね。ただし、この手のサクラは、直メをするのですから、お金がかかりません。万が一、本物の女性だったことを考えて、連絡は取り合っておいたほうがよいでしょう。

熟女の方には、未だにガラケーを使っているという人もいますので。私の叔母(48歳)は未だにガラケーですし、それでさえかなり古い型で、インターネットを使うと重くて電源が落ちるくらいです。そういう人も現実にはいるんですね。なので、しっかりと連絡を取ってください。もし彼女がサクラであれば、必ず、少しずつ返事の来るまでの間隔が長くなって、自然消滅のような感じになりますから。

以上が、サクラやポイントバッカーなど、我々を食い物にする連中の情報です。長くなりましたが、ここにあることを読んで覚えておけば、どんなアプリを使ってもサクラに騙されるようなことはなく、もし引っかかっても、大金をせしめられるということはまずないと思います。それだけリアルに、現実として存在する事柄を詰め込みました。みなさんも騙されないように気をつけながら、逆援助アプリで、気前の良い女性を探してください。

-逆援助ノウハウ

Copyright© 逆援助で豪遊!稼げる逆援アプリ 全国対応 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.